2014/11/30

児童書「コケシちゃん」の挿絵を描きました

久しぶりの更新です。
寒くなりましたね。

お仕事情報です。

小学中学年向け児童書の挿絵を描きました。
コケシちゃん」佐藤まどか/作 木村いこ/絵(フレーベル館


スイスからやってきたどう見ても日本人の女の子と
日本の小学生との交流のお話です。
それぞれのちがいに驚き、確かめ合っていく過程がおもしろいです。
主人公くるみに共感し、コケシちゃんのカッコ良さに感心し、
マコちゃんの自由さに憧れたり楽しい作品でした。
読後、クラスメイトの出井くんの存在が気になりだし
しばらく彼のことを考えたりしていました。
とても魅力的な作品なので是非ご覧になって下さい。


今年の夏から秋口にかけて、体調を崩し心身ともに弱っていたところ、
お話を頂き乗り切る助けになってくれました。

自分の絵に対する不満も感じていた時期だったので、一度自分の絵を見直すことに。
画材や素材をいろいろ試し悩みながらも
紙に触れ鉛筆や絵の具、クレパスで自分の手が汚れニオイが
染み付いていく感覚がなんとも心地よく、どこかホッとするものがありました。



そんなかんじで出来上がったのがこの本の挿絵です。
木に絵を描いたり、鉛筆画を描いたりアクリル絵の具を使ったり
デジタルも少し使ったりしました。
初めてのアナログ作品でのお仕事です。(お仕事以外ではアナログは描いていました)
そういう意味でも思い入れが強い作品となりました。


表紙に使用した木製コケシ人形たちですが



実物はこれくらいのサイズだったりします。

だいたい3cmくらい。
かわいらしいのです。

完成した本を送って頂いた時に担当の編集さんから
お話に出てきたパリパリ最中(形状は違いますが)も頂きました。

食べる直前にあんこを最中の皮に挟んで食べるタイプのものです。
本当にパリパリで美味しい!お餅入りでした。
お茶の時間が楽しみで仕方ありません。