2014/07/16

絵本が届いた!とワキひんやりケースの巻

先日させて頂いた絵本のお仕事の献本が届きました!


じゃーん
色校等でなんども確認してはいましたが、
やはりこのサイズの本になるとうれしい・・・。
そしてなにより、絵本という形になったのがうれしいです。
勉強にもなったなとしみじみ。
絵本の主人公の大棟耕介さん、そして担当さんありがとうございました!

「クラウンKちゃんがやってきた」は
フレーベル館さんのキンダーおはなしえほんで購入可能です。
3月号からの定期購入で、わたしのは9月号ですね。

フレーベル館キンダーおはなし絵本:
http://kinderbook.jp/shopdetail/000000000010/



我が家には冷房がなく、夏は扇風機の風と保冷剤で身体を冷やすことで
その時期を過ごしています。
保冷剤はタオルに巻いて、首のうしろを冷やすという戦法でこれまで
やってきたのですが、冷やしすぎたら肩こり→頭痛になるのを
最近何度も味わったのでなんとか方法はないものかと思案。


「発熱時なんかにワキを冷やすといい」というのを思い出し、
首の時と同じく、保冷剤をタオルに巻いてワキに挟んで
すごしてみました。
うん、この冷え方は無理なく気持ちいい。

ところが、ふと気づいたらワキに冷たい感覚は消えていて
下を見ると保冷剤入りタオルが足元に転がっているのです。

なんせ場所が場所なのでしょっちゅう落ちてしまう。


そこでまた思案。

家でも思案、ホームセンターでも思案。
(ホームセンターは脳みそに柔軟性を与えてくれるので好きです)


そして昨日たまたま立ち寄った100均で閃いたのです。



そして完成したものがこれ!

 名づけて「ワキひんやりケース〜」

小さいペットボトルケースを2つ購入。
そこにゴムひもを縫いつけ完成。

あとは中に保冷剤を入れ、
ゴムひもを肩にひっかけるだけです。
ちょうどワキの位置にペンギンの顔面がきます。


快適です。
落ちてこないし、軽いので肩に負担もない。
ケースの口を手前にしておけば保冷剤の交換も簡単。
ウチ、天才じゃなかろうか・・・・。

メッチャ簡単に作れるのでおすすめです。
ペットボトルケースじゃなくて靴下とかでも作れそう。


最近満腹時に血糖値に異常が出ているのか、
冷や汗と手足の震え意識が朦朧とする等で体調不良を起こすことが多いです。
空腹時に低血糖になり、同じような症状になることはよくあったのですが・・。
調べたところ、食事の仕方と内容が原因かも・・と気づいたのです。
急激に血糖値が上がっているのか、それとも反応性低血糖というやつなのか・・。

どちらにせよ、炭水化物の摂り方と食べる早さ、量を考え直したいなと思いました。
タンパク質、亜鉛らへんも大事なようです。
ビタミン不足も原因と考えられるので、サプリメントも飲んでみようかと。

ためしに昨日から腹6分目まで食べ、残りはまたお腹が空いた時に食べる
という風に満腹を避けたら体調も安定していたように思います。
食後に休憩をしなくていいので動きやすい。
動きやすいついでに散歩なんかしてみたり。

もともと疲れやすい体質なので体調管理に気をつけていた方でしたが、
食べ方に関しても気をつけていきたいなと思いました。
楽しく食べるためにも!

2014/07/11

つづくよつづくアナログ絵

今日は台風が近畿地方を通過したようですが、
台風の気配も感じられないくらい雨とくもりだけの地味な天気でした。
この季節は湿度の高さのせいで、ひたすら体力が奪われていくのがつらいです。


アナログ絵を描いている今日このごろですが
今回はカラーで漫画も描いてみました。

これもありですね。
不慣れなのでまだまだ手探りですが、また何か描いてみたいと思います。


最近のお仕事、病院のポスター用イラスト


少し前にお友だちに借りていたpsのゲーム「moon」をクリアし、
新しく「夕闇通り探検隊」をプレイしています。
じんわり怖いホラーものですが、本当にいいゲームです。
忘れてしまっていた学生時代の繊細な記憶や感覚が思い出されます。

あと数年ぶりにグーニーズを観ました。
こどもがわくわくするアイテムや、おもわず笑い転げてしまう台詞、
自転車の疾走感、洞窟の探検、ああわたしはこのシーン怖かったんやっ!
などなど思い出しながら夢中で鑑賞。
今感じるわくわくは子どものころのそれとは
また違う形になっているのかもだけど、
今だからできる目線&当時感じていたであろう感覚(記憶)も
同時に楽しめるので大人になるのも悪くないなと最近思うのです。